遺伝子ダイエットとは

肥満は遺伝子に関係している?!

スポンサードリンク


例えば、アドレナリンと呼ばれるホルモンが多い人と少ない人がいることが分かっています。
アドレナリンは活動が活発になり、ダイエットには有利なホルモンです。
アドレナリンが多い遺伝子を持った人の方が基礎代謝量が多いので同じ行動をしてもダイエットが成功しやすいんです。

このように太ることや痩せることに関わる遺伝子が見つかっており、そのうちいくつかの遺伝子に着目して
その人が持っている遺伝子パターンごとにダイエット法を知り、ダイエットを効率よく行おうと試みが始まっています。

遺伝子ダイエット別パターン
「りんご型」
「洋なし型」
「バナナ型」
の3つに分かれます。

それは遺伝子型ごとに人を「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」の3種類(場合によっては複合型)に分類し、それぞれに向いたダイエットを実践するという方法です。
(株)日本ウェイトマネージメントホームページ上で自分が何型であるかセルフチェックできます。
ダイエットを効率よく進めるためにも是非チェックしてみてはどうでしょうか?

この記事のタグ

サイト内関連記事

「りんご型」には低糖質ダイエット
●「りんご型」の特徴とダイエット法 「低糖質ダイエット」がおすすめです! β3A......
「洋なし型」には低脂肪ダイエット
●「洋なし型」の特徴とダイエット法 「低脂肪ダイエット」がおすすめです! UCP......
「バナナ型」の人はたんぱく質を多く取ろう
●「バナナ型」の特徴とダイエット法 「たんぱく質を多く取るダイエット」がおすすめ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

子育てママのダイエット日記:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.prgs.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

[an error occurred while processing this directive]